Attentionニュースまとめブログ

    これは練習方法などではなく、精神的なマインドになってしまうのですが^^;


    今まで、私が見てきた人間の中で


    プロになったり代表に入ったりした人間の大部分の人間は




          『負けず嫌い』       だったんです。



    私は性格上の負けず嫌いな人間は、とても成長すると思っております。


    それはサッカーだけではなく、スポーツ全般、もしくは全ての事に言えるような気がします。




    何故かと申しますと、これはあくまで今までの統計の結論ですので

    聞いて嫌な気持ちになられる方もいらっしゃるかと思いますが

    今現在、統計だとこうなっているのが事実なので書きます。



    スポーツの世界では基本的に、次男、3男が成功する事が多くなっています。



    小さいときから、兄の後を追って行動をしている

    次男、3男は、長男というお手本がいる為

    長男よりは成長が早いと言われていますよね。

    確かに、うちの子も、上より、下の方が早く歩き出して、喋ったりもしています。

    ただ、まだまだ医学的に解析できていない事などもあるので、正確にはなんとも言えませんが^^;



    ただ言える事は、弟から見て、兄は、偉大な見本であり、ライバルであると言う事です。



    兄は兄で、弟には負けたくないと兄のプライドもあると思いますし、

    それが相乗効果でお互いに成長していくんだと思います。



    これは兄弟の話ですが、

    何故、負けず嫌いが成長するか、これでわかりましたよね^^?



    『アイツには負けたくない!!』この気持ちを持っている選手は


    その気持ちのとおり、しっかりと練習も致しますし、成長します。



    逆に、最初から
    『アイツには勝てない。。。』っと思っている方は

    練習にも力が入らなくなりますし

    そこで成長の伸びが悪くなってしまうと思います。



    ちなみに私はサッカーを兄の影響で始めました。

    なので最初のライバルは兄です。

    兄より上手くなりたい、その一心で練習を致しました。



    その後の目標は、地区トレセンの同じポジションの選手になり。

    関東トレセンのライバル ⇒ ナショナルトレセンのライバル ⇒ U代表のライバル

    っと常にライバルがいて、そいつに負けたくない!!っとの気持ちで

    練習もしていましたし、行動していました。

    U代表の清水エスパルスの山本選手には少し心を折られましたが^^;勝てないかもとwww



    ただ、それでも自分の特徴、オンリーワンを磨いて勝負をしようと練習をしていました。

    私が、ここまでなれたのはこの気持ちがあったからだと思います。




    サッカーは走る競技なので、練習で10キロ20キロは当たり前に走っていました。

    私は、この走る練習も手を抜いて適当に流すのではなく

    常に高い目標を持ってタイムなどを意識して走っていました。



    今は心肺機能を効率良く高めれる為に

    心拍数を計算して走らせるようになっていますが



    常に高い目標を持って、練習をすると言う事は

    それだけで選手は成長できると私は思っています。




    その為に、ライバルがいる事はとても大切だと思っています。

    あッッッ!!!正確に言いますと、負けず嫌いだからライバル心が芽生える。

    なので、ライバルが出来ると思うので

    『負けず嫌い』っという気持ちは選手を成長させる

    一番のマインドだと思っております^^










    絶対に必要な物がありますよね。


    それは・・・・・・・



    『スパイク』 です。



    私が現役だった頃

    スパイクは、人工、天然、牛、カンガルー、などで作られていました。

    ですが今は、ほとんどが
    人工で作られていますよね。



    昔ながらの『パラメヒコ』などは、人工革+カンガルー革 みたいですが

    オールカンガルーで出来ていた、ペニャペニャになるスパイクはもうないですね^^; 



    その代わり、昔は1万3000円~2万円程度が相場だったのですが

    今は5000円~1万円で、大体のスパイクは買えますよね^^

    これは、親御さん達はとても経済的に助かりますよね^^



    そこで、皆様はしっかりと足にあったスパイクを選んで使用しておりますか?



    勿論スパイクは、土のグランド、人工芝のグランド 、天然芝のグランド、雨天時で

    使い分けたほうがいいです。 




    私は、天然芝と雨天時は中学生の時からポイント(取替え式)を使っていました。

    ですが、まだ中学生の段階ですと、ポイントはあまりお勧めを致しません。



    それほど足に負担がかかるからです。 

    足は第二の心臓とも言われています。

    なので、足に負担だかかると言う事は、それだけ身体的な負担が

    かかるからです。



    とある外国の話しですが、

    纏足(てんそく)と言われる記録が御座いますが

    足は色々とすると本当に形が変わってしまいます。

    なので、足に負担をかける事は極力さけて頂きたいと私は思っています。



    では、スパイクはどう選ぶのいいかです。

    真剣にサッカーをしている方は

    http://www.footing.jp/products/search.php

    このようなお店で足を測って、スパイクを買われる事が大切になってきます。




    もっと言いますと、今現在プロを目指していて

    今、高校生の年代の方や大学生の方なんかは

    ⇒http://adidas.jp/blog/20130618-100000.html

    ここで足を測っていただき、特注で両足に合ったサイズの靴を

    履くのがベストになります。

    ただ、高いです。。。。。。。



    ちなみに私は、左足が27.7cm、右足27.2cmっと、0.5cmの差があります。

    なので、私のときは生地が伸びるカンガルーか牛などで

    メーカーや種類によっては昔は微妙に大きさが違いましたので

    27.5cmを履いていました。←この時の27.5cmは27.8cmぐらいだったと思います。



    今は人工革がメインですし、昔みたいに大きさに誤差がないかも知れませんので

    しっかりと、大きい足に合わせてスパイクを選ばなければいけませんが、

    私で0.5cmほどの差があります。



    もっと、大きさに差がある方もいらっしゃるでしょう。



    サッカーは野球と違ってバットや、グローブがある訳ではないので

    スパイク以外の道具にはお金がかかりません。



    もし、今お子さんが高校生で、プロになれるかなれないか

    もしくは大学でプロになれるかなれないかなど

    そのような状況であるならば、両足にしっかりと合う

    大きさが違うオーダーメイドでスパイクを作ってあげるのも

    ありだと思います。




    たかがスパイクと言われるかも知れませんが、

    スパイクだけで本当にプレーに差がでてきます。




    なので、是非スパイクは足にあった物を用意して使ってください^^




    ちなみに社会人などになって、値段が安ければなんでも良い。

    真剣にやっている訳ではなく、趣味のレベルでやっていると

    言う方も、足の大きさはしっかりと測って←今は大体のお店が測りはあります。

    自分達が練習をしているグランドの性質などを把握して

    選んでくださいね^^

    合わないスパイクを履きますと、疲れが残ってしまうので。




    スパイクを、外見のカッコや尊敬する選手が使っているから

    このスパイクを使いたい!!

    っと言われるお子さんもいらっしゃるかも知れませんが

    スパイクを履く意味を

    スパイクはなにが目的かを忘れないで下さい。




    足に合ったスパイクを履いて、

    自分のベストのプレーを発揮できるように

    致しましょうね^^♪







     

    読まれる方の中には


    私に対して、反感のお気持ちを、持たれる方もいらっしゃるかも知れませんが


    それでも今回、書かせていただきます。 




    昨日の話しです。




    私は昔の立場が立場なだけに

    地元のちょっとしたチームや、私がやっていたチームや

    友達がコーチをしているチームなどから

    サッカーを教えてもらえない?っとのお話しを多数頂いてきました。




    ですが私自身、子どももいて、仕事も忙しい為、全て断ってきました。




    その、コーチをやっている友達から昨日久しぶりに連絡を頂きました。 



    久しぶりだったので、昔話に花が咲いていたのですがw

    その途中に、コーチをやっている友達がいきなり




    『コーチを辞めるんだ。』っと言いました。




    コーチといっても小学生のチームコーチなので

    基本的にボランティアです。




    友達は、監督と知り合い。みたいで

    練習を見た後に、そのグランドなどで社会人の練習などがあるから

    少し早く来るだけだし、っと今まで練習を見てあげていた感じです。



    ちなみに私は、同じように小学生のチームを見るのと

    社会人のチームにも入ってくれと言われていました^^余談ですw





    そんな友達なので、何故いきなり???っと思い内容を聞くと、

    チームの監督のやり方についていけない。っとの事。




    友達は、長くやって、自分の息子も入団させようと思っていたぐらいでした。←うちの子も誘われていました^^;

    なので、話が合わないからって、

    いきなりそんな事を、言いだす人間ではありません。

    なので、もっと深く理由を聞いてみると、

     



    そのチームは、今日と明日練習試合があるみたいなのですが、 

    その時のレギュラーなどを監督に相談されたみたいで

    友達が、色々と話しをしたみたいなのですが

    その際に、



    監督 『あぁ~、△△△△と△△△△は入れなくていい。』

    監督 『逆にこの○○○○と○○○○と○○○○は入れて。ポジションはここと、ここと、ここで。残りを選んで。』 

    っと言われたそうです。



    なので、

    友達 『えッッッ???何故ですか???』 っと聞いたそうなのですが

    監督はその時、なにも理由は言わなかったみたいです。

     


    っで、言われるがままに残りのポジションを選んだみたいなのですが 

    どうしても、実力や色々なものを考えても、おかしい采配だったみたいで



    その日の紅白戦は、そのメンバーと、選ばれていないメンバーでの

    紅白戦になったみたいなのですが



    やはりそれを見て、

    監督に

    友達 『やはり△△△△と△△△△を入れて、○○○○と○○○○は変えた方が良いと思います。』っと言ったそうです。


    そしたら、


    監督  『だから○○○○と○○○○と○○○○は、ポジションも決まってるんだよ!!』

         『△△△△と△△△△は使わなくていいんだよ!!』  っと強く言われたそうです。




    そこで、物凄い疑問をもったそうです。




    ちなみに、友達は今まで平日の練習を見てきただけで、土日などは自分の社会人の事などもある為

    試合を見に行ったりはしていなく、メンバーを選ぶ事を相談された事もなかった為

    今まではまったく疑問に、思わなかったそうです。

    途中途中の紅白戦も、あえて違うチームに分けて、バランスをとっているのだと思っていたそうです。





    その後に、練習を迎えに来ている親御さん達と話しをして、

    今までまったく聞かなかったチームの事などをお聞きして

    その疑問が解けたそうです。 




    その疑問の答えとは!!




    この監督は自分に対する『奉仕』があるかないかで、全てを決めると言う事!!!

    子どもの実力ではなく、親御さん達がどれだけ監督に『奉仕』をするかで

    レギュラーなどを決めていると言う事。。。

     


    △△△△と△△△△の親御さん達は、勿論挨拶などはしていますが

    +αはしない親御さん達らしく


    逆に○○○○と○○○○と○○○○の親御さん達は、毎回練習後に監督の元にいって

    媚を売って、お弁当やらの食べ物や、ビールなどの飲み物の差し入れを、頻繁に監督に渡しているそうです。

    他にも、色々とあるみたいですが・・・・・・・・っとの事を聞いたのです。





    友達はこれを聞いて、かなり愕然と致しました。


    っでも、『本当なのか!?もしかしたら噂だけかも知れないし。。。』っと、監督の元へ行って


    友達 『○○○○と○○○○と○○○○さんの親御さんは、とても精力的にお子さんを応援してらっしゃいますね^^』

    友達 『逆に△△△△と△△△△の親御さんは、消極的ですよね^^;』っと言ってみたそうです。




    そしたら、

    監督 『友達君!よくわかるねぇ~^^!○○○○の親達は本当に精力的に応援していて
         
         いつも差し入れを持ってきてくれたり、色々と気を使ってくれるんだよ!!

         それに比べて、△△△△の親達・・・あれはダメだね。やる気もないし、どうしようもない!!』っと言ったそうです。



    ハッキリ言います。どっちがどうしようもないでしょう!?

    そりゃぁ~人間ですから、自分に色々としてくれる人の肩を持ちたくなる事もあるでしょう。

    ですが、子どもはなんにも悪くありませんよね?

    子どもの練習態度が悪く、チームに悪影響が出るから出場させない!っと言うならまだ話がわかりますが

    親御さんの活動で、チームのレギュラーからポジションまで決めてしまうなんて

    私はどう考えても、納得できませんし、おかしいと思います!!




    今の世の中は、『モンスターペアレント』の言葉があるぐらい

    自分の子どもに順番をつけて、優劣をつけて、その結果が悪い方だった場合に、

    『何故比べさせる!?お前達が比べさせたせいで、子どもが泣いてしまったじゃないか!!』 っと

    文句を言う親もいるそうです。

    その為に、今は子どもの学芸会なども『役』がない、皆まったく一緒の歌などになっているそうです。 



    でも、これっておかしいですよね?

    ハッキリ言って、人間は生まれた時から平等ではありません。


    人権はあっても、決して平等ではありません。


    お金持ちの家で生まれたり。貧しい家で生まれたり。身長が150cmだったり。190cmだったり。


    決して平等ではありません。



    そして、小さい時にいくら過保護に育てたとしても

    中学入試、高校入試、大学入試、就職、昇進、全て人間は比べられて生きていくのです。




    なのに何故、それがわからないのか・・・・・・・




    ちょっと話しが脱線してしまいましたが^^;




    この監督に私は言いたい。貴方は指導者失格だ!!っと。



    もし、色々と差し入れを貰ってしまったりして、選ばないとまずいと思っているのなら

    最初から貰わなければいい事ですし。

    途中でそれを切る事だって出来るはず。



    それを貰うのが当たり前。みたいに多分思っているのでしょう。

    私は言いたい。貴方のその考え方、やり方のせいで

    才能ある選手が埋もれてしまう。

    もしかしたら、サッカー自体を辞めてしまうかも知れない。

    そうしたら、その対価を払えるのか?



    本当にあり得ない、冗談かと思うような話しでした。

    その為、友達は『こんな監督のチームは教えてあげる事はもうしない。なので辞める。』

    っと話してきた訳です。

    そして『自分の子どもを入れる前に色々とわかって本当に良かった。

    子どもを入れる時は、しっかりとそのチームがまともなのか

    調べてから入団させるようにするよ。』
    っと最後に言っていました。 




    このブログを見て頂いた方は、本当にこの事は実話ですので

    傷つくのはお子さんです。

    絶対にこんなチームには入団をさせないでください!!

    よろしくお願い致しますm(_ _)m



    物凄く長文になってしまいましたが^^;

    最後までご購読誠に有難う御座いましたm(_ _)m



     

    このページのトップヘ