Attentionニュースまとめブログ

    1

     マンチェスター・ユナイテッドは16日に行われた、プレミアリーグのリバプール戦で0-3と敗れた。そのうちの2失点はPKによるものだったが、ユナイテッドがホームゲームでPKを献上したのは、2011年12月以来のこと。敗戦後の、デイビッド・モイーズ監督のコメントを、クラブの公式HPが伝えている。
     モイーズ監督は、試合について「全ユナイテッドサポーターにとって失望した瞬間になった。結果を残せなかった。失点自体、それに失点までの過程に失望させられた」とコメント。また、1試合に3度あったPKについては、「正当と思える判定と、そうではないものがあった。良いプレーは出来ていなかったが、失点に値するような内容ではなかった」と語り、「前半は良いプレーが出来ていたし、試合の流れを取り戻せると感じていた。そんな矢先にPKを与えてしまった」と、2失点目につながったPKに落胆した。

     さらに「すべてが上手くいかなかった。2-0となってから良いプレーもあったし、1、2度のチャンスから流れを取り戻そうとした。しかし、今日のリバプール相手では十分ではなく、最後には選手を1人失った。相手は(3本目の)PKを外したが、その時にはチームは10人になっていたわけで、いずれにせよ厳しいタスクだった。本当に残念な日だ」と、肩を落とした。

     モイーズ監督は、チームのパフォーマンスに落胆しているようだ。「(枠内シュートの少なさに)失望した。こんなプレーになるとは考えもしなかった。ハーフタイムまでの10分から15分で流れを掴めたと思っていた。アドナン・ヤヌザイを右サイドに配置換えしてからは得点が生まれそうな気配があった。彼は右サイドで上手くプレーしていたのでね。それまではチャンスらしいチャンスもなかった。何故かを説明するのは骨の折れることだ。選手達は良い状態にあったし、自信もあった。ハードワークを怠らず、モチベーションも高かった」と、説明している。

     19日にユナイテッドは、UEFAチャンピオンズリーグでオリンピアコスとホームで対戦する。アウェーでの第1戦を0-2で落としているユナイテッドは、3点差を付けて勝たなければいけない。モイーズ監督は「ファンは素晴らしかった。チームへのサポートは称賛されるべき。もしサポーターの皆さんが水曜にも同様のサポートをくれれば、チャンピオンズリーグを勝ち上がるチャンスも出てくる。選手達も水曜の試合が意味するところを良く理解している。われわれはやるべきことをやらないといけない。やらなければならないことがあるので、実行できればと思う」と、サポーターの声援に感謝し、次の試合へ気持ちを切り替えた。

    引用元⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140317-00133608-gekisaka-socc 
    【リバプールに完敗のマンU・モイーズ監督「全ユナイテッドサポーターにとって失望した瞬間になった。」】の続きを読む

    1

     大阪府吹田市の万博記念公園内に建設中のガ大阪の新本拠地となるサッカー専用スタジアムについて、サッカー界や関西の財界などでつくる「スタジアム建設募金団体」は17日、建設費用に充てる寄付金の募集期間を延長する方針を明らかにした。現在、大阪国税局に申請中で、不足している残り約10億円の確保を目指す。
     新スタジアムは民間主体で費用を調達しており、建設予定費は約140億円。14日の第2次募金活動終了までに、スポンサー企業などからの寄付も含めて約98億7700万円が集まり、独立行政法人からの助成金約30億円を含め約129億円を確保した。しかし、大型ビジョンなどの必要設備を整えるには、まだ予算が不足しているという。

    引用元⇒http://mainichi.jp/sports/news/20140318k0000m050123000c.html 
    【サッカー:ガンバ大阪のスタジアム建設募金 募集期間を延長】の続きを読む

    1

    <セリエA:ACミラン2-4パルマ>◇16日◇ミラノ
     ACミランの日本代表MF本田圭佑(27)はパルマ戦で出場機会なしに終わった。チームも完敗し公式戦4連敗となった。

     2日ユベントス戦以来、リーグ2試合ぶりのベンチスタート。後半21分に3人目の交代選手がピッチに入った瞬間、本田のパルマ戦は早々と終わった。熱望するトップ下にはこれまでボランチ起用の続いたMFモントリーボが入り、定位置となっていた2列目の右には24歳のポリが入った。

     不振のミランに対しサポーターの我慢も限界に達している。会場のサンシーロでは抗議の意味もありホーム開催にもかかわらず、メンバー紹介時からブーイングが響いた。矢面に立つエースFWバロテリ、ロビーニョに加え背番号10、本田の紹介時にも大きなブーイング。異様な状況で開始を迎えた。

     ミランは前半5分にGKアッビアティが退場となった。実質的な交代枠が通常より1つ少なくなったこともあるがDFラミが途中出場し、最後の交代枠もFWパッツィーニ。本田の名が呼ばれることはなかった。

     ミラン移籍後、規定により出場できない欧州CLを除き、発熱が理由でベンチ外となったことは1度だけあった。ベンチ入りしながら出場なしとなったのはリーグ10試合目にして初。「自分の家みたいなもの」とこだわりを持つトップ下から右サイドに追いやられ、その位置でも起用されず、ついにピッチ外=ベンチへと追いやられた。本田の居場所はなくなりつつある。

    引用元⇒http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/p-sc-tp3-20140317-1271332.html  

    関連記事
    5分で守護神退場のミラン、好調パルマに敗れ公式戦4連敗 本田は出場せず
    【ACミラン本田圭祐 ついにピッチ外=ベンチへと追いやられる。。。】の続きを読む

    このページのトップヘ