よく、監督やコーチや色々な方から、試合を見て勉強しなさい!!

っと、言われるかと思います。



試合を見て勉強する事なのですが、

勿論大切な事です。



ですが、せっかく試合を見ているのに

それでは勿体無いと思う、試合の見かたをしている方が

たくさんいるので、お話しを致します。




サッカーの試合を見ますと、

基本的にTV中継などで見ると

勿論当たり前の事なのですが

ボールを中心に撮影されていますよね?



なので、私達もどうしてもTVカメラの視線で試合をみて

色々と話しをしてしまいますが



この見かたですと、少しは勉強になっているのですが

しっかりとは勉強になっていないんですよね^^;




なぜかわかりますか?




それは、試合でボールを触っている時間は

ボランチなどの一番触っている選手でさえ

数分~十分程度になります。
 


試合はプロですと90分になります。

90分の時間の中で、ボールに触っている時間は 

数分~十分って事は、ボールに触っていない時間の方が

長いって事なんですよね。




ようするに、ボールに触っていない時間に、どのような動きをしているかが

試合では大切になってくるという訳です。

 

なので、試合を見る時に注意しなくてはならない事は

自分が尊敬している選手や、自分と同じポジションの選手が




どのようなマークの仕方をしているか、

ボールが逆サイドにある時のポジショニング、味方が上がった時のカバーリング

見方からボールを貰う際の動き出し、DFの時のポジショニング

CKやFKの時のポジショニングなど





ボールを持っていない時の動きをしっかりと学ぶ事が試合を見て

勉強する一番大切なことになります。



TV観戦だと中々うつらない事が多いかも知れませんが

今のTVだと広げて見れるようになってきているので

GKのポジショニングは中々見れないかも知れませんが^^;




他のポジションでしたら、ある程度は見れると思います。

なので、もし試合を見て勉強をする場合は




ボールを見ないで、しっかりと自分と同じポジションの選手の

動きとポジショニングを学ぶように致しましょう^^♪