複数の方から感想を聞いてみたいとのご連絡を頂きましたので書かせていただきます。

あくまで私個人の感想ですので、批判などで不愉快な気分になられる方もいらっしゃるかと思いますが、予めご了承下さい。 






私の試合前の予想は、ヤヤ・トゥーレ選手のコンディションが通常まできているなら

1-3でコートジボワールだと思っていました。

これは終わった後だからなんとでも言える。と思う方もいらっしゃるかと思いますが・・・

ヤヤ・トゥーレ選手の調子が半分以下で、それでも出場するなら逆に3-1で勝てると思っていました。

それぐらい、1人のスーパー選手が与える影響は大きいですからね。





ではまず、本日この試合を見て思った事は

ザッケローニ監督が話したとおり『日本のサッカーをさせてもらえなかった』これにつきると思います。

勿論、相手の方が格上ですから当たり前かと思いますが




ザッケローニ監督のサッカーは前線からプレスをして、コンパクトにサッカーをしますよね。
 
まず、動きが重たかった。

プレスにはいくのですが、連動してスペースを消すのも遅く

簡単に楔を入れられたり、DFラインでもパスを回されていましたね。

相手の選手がスピードがある為、裏を取られるのを恐れて詰められなかったのかも知れません。

その為、相手のポゼッションの時間帯が長かったですね。





そして私がこの試合で一番思ったのは

『なによりもボールを奪えた後のパスミスなどが物凄く多かった』

このせいでリズムが作れず、逆にピンチになり吉田選手はイエローでとめざるをえないシーンがでてしまったり

ボールを奪った後のポゼッションなどが酷すぎた気がします。




それと、味方の選手の動きだしも少なかったと思います。

わかりやすいのは、DFラインで回している時に、楔に顔をだす選手があまりいなく

ボランチがボールを貰うにしてもDFラインに近い低い位置で貰うのが精一杯でした。





今の日本代表が流れを掴んでいる時は

DFラインからボランチを超えてトップ下の岡崎選手や香川選手や本田選手への縦パスが入ったり

ボランチが貰うにしても、DFラインに近い位置ではなく

高い位置であいだに顔をだしてボールを貰ってサイドに展開する。

これらのプレーがたくさん見られるのに、これらのプレーがあまりできていませんでした。





唯一印象的なのは、前半の森重選手からの香川選手への一発でのサイドチェンジのパス。

トラップが大変だったと思いますが、香川選手は胸でしっかりとトラップしたシーンです。

あのようなサイドチェンジに近いパスなど

ほとんどなかったような気が致します。





個別の選手で言うと

今日悪かった選手は、

大迫選手、香川選手だと思います。




大迫選手は本当になにもできていなかったと思います。

前半のプレーを見て、ハーフタイムで交代だと、思ったぐらいでした。






香川選手は、私としては香川選手には求めている事が高いので

今日のプレーではなにも出来ていないと、言えると思います。

ファーストタッチも足元に止めてしまっていたり

流れを止めないで欲しい時に、パスをださなく持ってしまったり

少し前の、香川選手の悪い部分がでてしまっていたような気が致しました。

香川選手は動きながらプレーをした方が光ると私は思っているので

是非とも、ギリシャ選手では本来のプレーを期待したいです。 




逆に良かった選手は

内田選手です。




ザンビア戦のコンディションだと結構厳しいと思っていたのですが

今日はご自身の8割ぐらいのプレーをしていたと思います。

後半のカウンターは、内田選手が1点止めたようなもんですしね。 

2-3の数的不利ですから、最悪でもシュートまではいかれる、確実に1点もののシーンでした。





その他の選手は

皆さん、無難にプレーをしていたと思います。



1点目の失点シーンを見て森重選手のマークの事を言われる方もいらっしゃるかも知れませんが

あれは、正直相手を褒めるべきだと思います。



2点目の失点シーンは

ご自身が一番感じていて、今日は寝れないかも知れませんが

川島選手に止めてもらいたかったのはありました。ニアポストですからね。




吉田選手は、ヤヤ・トゥーレ選手を倒したシーンでPKをとられなくて本当に良かったと思いました。
 
あれは、ヤヤ・トゥーレ選手が最初の足が引っかかった時に大げさに倒れていたら

PK+カードがでていてもおかしくなかったと思います。

たまたま、一回転して起き上がりそうになってからボールで引っかかったみたいになったので

助かりましたよね。
 
それ以外は、無難だと思います。



 
ザッケローニ監督の采配で

遠藤選手の交代の件で色々と言っている人もいますが

あの時の交代はザッケローニ監督の中では

ボールがまったく落ち着かなく、タマが回っていなかったので

ボールを落ち着かせる為に、遠藤選手を入れたのだと思いました。



しかし・・・

どうしても、納得いかないことがあります。




それは・・・・



    『パワープレーはやらないんじゃないのか!?』 


これです。 




ハーフナーや豊田選手を外したのはなぜ?

パワープレーはやらないからですよね。

それなのに最後に吉田選手を前線にあげてのパワープレー。

あれには納得がいきませんでした。




だったら斉藤選手か清武選手を外して、最初から高さを一枚入れておけばよかったのでは?




それとCKも、今までの試合では8、9割ショートコーナーだったのに

なぜ今日は普通のCKばかりなの?




これらが一番納得がいきませんでした。 





相手のGKはハッキリいってへたくそでした。

本田選手の1点目も正直、あのポジションはないだろう。。。っと思うぐらいですし

他のシーンでも、そこでパンチング!?っと思ったシーンもあり

明らかに穴だと思いました。 

こういうGKだったら、ハーフナーあたりが競り合えばセンタリングがそのまま入っちゃったり

コートジボワールのアルトゥール・ボカ選手みたいに素晴らしいシュートを打てる選手がいれば

かなりロングでも点を取れた気がします。




まぁ~あのレベルのシュートは日本人には無理だと思いますので

やはり一枚高さは必要だったのではないか?




そこを再び考えさせてしまう

指揮官に迷いが生じたのか、選手が勝手にやったことなのかわかりませんが

色々と考えてしまう最後のパワープレーでした。 





私は、ザンビア戦の時みたくパワープレーではなく

ロングボールだとしても、大久保選手や柿谷選手の動きながらのスペースにだしてほしかったと思います。 






試合内容的には4-6、3-7の完敗ですが

結果的には1-2ですんだわけですので

コロンビアがギリシャに3点とっている事を考えると

まだチャンスがめぐってくる可能性はあります。




ギリシャは3点もとられたので 、攻めてきてくれると思います。

本当は心が折れているとラッキーですがwww




その為、日本は次の試合で3-1、4-1で勝てれば

コートジボワールとコロンビアの試合によっては・・・・

まだリーグ突破の可能性は15%ぐらいはあると思います。





正直、絶望的な状況なのは間違いありませんが

とりあえず、次の試合のギリシャ戦では出来る限り点を取って勝って欲しいと思います。