Attentionニュースまとめブログ

    カテゴリ: 日本代表関連

    1
     1860ミュンヘンの日本代表FW大迫勇也(23)の今季終了後のドイツ1部移籍が現実味を帯びてきた。独ビルト紙は「1860ミュンヘンにとって大迫は、04年に2部降格して以来、最高の選手」と評価。「活躍すればするほど、チームが大迫を保持するのは難しくなる」と報じた。15日のアウエ戦で1得点1アシストの活躍で、専門誌キッカーの第25節MVPに初選出。大迫とクラブの契約には契約期間中に移籍できる特記事項もあり、フンケル監督も「1部ですぐに彼を見ることになるのか」の問いに「そうだ」と即答。チームが1部に昇格できなければ、他の1部チームへ移籍する可能性が高くなった。(中野吉之伴通信員)

    引用元⇒http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/p-sc-tp3-20140318-1271802.html  【独ビルト紙 日本代表FW大迫勇也の事を「1860ミュンヘンにとって大迫は、04年に2部降格して以来、最高の選手」】の続きを読む

    1

     マンチェスターUの熱狂的ファンが集うインターネット掲示板「レッド・イシュー」で行われた「現在のチーム低迷の最大の要因は?」というアンケートで、アレックス・ファーガソン前監督(72)が40・57%で1位となった。英ミラー紙(電子版)が18日、報じた。
     2番目に批判の票があつまったのがオーナー一族のグレーザー家で32・55%。3位のデービッド・モイズ監督(50)はファーガソン前監督に遠く及ばない17・45%と意外な結果となり、選手の責任を問う声はわずか4・25%だったという。この結果からサポーターはモイズ監督の手腕以上に、後継を指名したファーガソン前監督の任命責任があると考えていることが分かる。

    引用元⇒http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20140319-1272435.html 
    【マンU 熱狂的ファンアンケート「現在のチーム低迷の最大の要因は?」・・・・ファーガソン前監督】の続きを読む

    1

     マンチェスターUのモイーズ監督が、19日に行われる欧州CL決勝トーナメント1回戦第2戦オリンピアコス戦で日本代表MF香川を出場させる意向を示した。

     18日に本拠地オールド・トラフォードで会見し「我々にとって重要な選手。望むほどプレーできていないので難しい時を過ごしているが、我々には競争がある。あす(19日)の試合はどこかのポイントで必ず出番があるだろう」と話した。

     18日付の英紙サンはオリンピアコス戦、22日の国内リーグ・ウェストハム戦、25日の同マンチェスターC戦の3試合で結果が出なければ同監督は解任される可能性があると報道。初戦を0―2で落として迎える第2戦は香川とチームにとって重要な一戦となる。

    引用元⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140319-00000052-spnannex-socc 
    【香川真司、オリンピアコス戦出場へ モイーズ監督「必ず出番ある」】の続きを読む

    このページのトップヘ