Attentionニュースまとめブログ

    カテゴリ: 管理人注目のニュース

    1

     ザスパクサツ群馬は、Jリーグクラブライセンス制度の財務基準を満たせない可能性があり、財務改善資金に充当させるための「ザスパクサツ群馬支援募金活動」を実施すると発表した。
     クラブは、単年度の黒字計上および債務超過の解消が難しい状態にあり、財務基準を満たさないと、クラブライセンスの剥奪及び、Jリーグからの退会を余儀なくされると報告。

     難局を乗り越えるため、平成26年1月決算での債務超過見込額の約6000万円の解消と本年度の黒字に6月までに確たる目途をつけなければならないとしている。

     そこで、「群馬県民・サポーターの皆様には、勝手なお願いではございますが」と前置きした上で、募金活動の実施を発表。クラブは、「正に“正念場の年”です。群馬県民・サポーターの皆様には趣旨をご理解いただき、何卒募金活動にご協力を賜ります様お願い申し上げます」と、協力を仰いでいる。

    引用元⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140310-00174093-soccerk-socc 
    【ザスパクサツ群馬がJ退会の危機…財務改善資金の為に「ザスパクサツ群馬支援募金活動」】の続きを読む

    1

     アディダスは6日、「一歩先のフットボール」というコンセプトの下、フットボール史上初となるスパイクとソックスが一体化した『adidas Primeknit FS』(アディダス プライムニット FS)を発表した。
     同社は先日、世界初となるニット素材のスパイク『adidas Samba Primeknit』(アディダス サンバ プライムニット)を発表。今回の『adidas Primeknit FS』は、さらにその「一歩先」を体現した革新的なスパイクとなっている。

     ニット素材のスパイクとソックスが一体となった『adidas Primeknit FS』は、つま先からふくらはぎにかけて優れたフィット性を提供。より優れたボールタッチ感をもたらす効果があるという。素材となるニットには耐久性と軽量性に優れた糸を採用し、これまでにない柔軟性と快適な履き心地を実現。糸の1本1本が高精度のコーティング仕様となっており、どんなに過酷なコンディションでも確かな防水性を保証し、同時に従来のスパイクに劣らない安定性と強度も提供するとしている。

     ブラック、ホワイト、レッドの3色で生産される『adidas Primeknit FS』は、まだデザイン段階にあるが、アディダス契約選手と製品開発に向けた最終作業に入っており、年内にも実際にピッチ上で使用できるよう準備を進めているとのことだ。

    引用元⇒http://web.gekisaka.jp/news/detail/?134147-134147-fl 
    【アディダスがスパイクとソックスが一体化した革新的スパイクを発表】の続きを読む

    1

     日本サッカー協会は27日、3月5日に行われる「キリンチャレンジカップ2014」のニュージーランド代表戦に臨む日本代表メンバーを発表した。
     メンバーには、11月に行われた欧州遠征の2試合から本田圭佑や香川真司、柿谷曜一朗らが引き続き選出。一方で、負傷している長谷部誠や内田篤人はメンバーから外れた。駒野友一や青山敏弘、工藤壮人が復帰している。

     試合は、国立競技場で行われる。

     日本代表メンバーは以下のとおり。

    ▼GK
    川島永嗣(スタンダール・リエージュ/ベルギー)
    西川周作(浦和)
    権田修一(FC東京)

    ▼DF
    駒野友一(磐田)
    今野泰幸(G大阪)
    伊野波雅彦(磐田)
    長友佑都(インテル/イタリア)
    森重真人(FC東京)
    吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
    酒井宏樹(ハノーファー/ドイツ)
    酒井高徳(シュトゥットガルト/ドイツ)

    ▼MF
    遠藤保仁(G大阪)
    青山敏弘(広島)
    細貝萌(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
    本田圭佑(ミラン/イタリア)
    香川真司(マンチェスター・U/イングランド)
    清武弘嗣(ニュルンベルク/ドイツ)
    齋藤学(横浜FM)
    山口蛍(C大阪)

    ▼FW
    岡崎慎司(マインツ/ドイツ)
    柿谷曜一朗(C大阪)
    工藤壮人(柏)
    大迫勇也(1860ミュンヘン/ドイツ)


    【ニュージーランド戦の日本代表メンバー発表…負傷の長谷部と内田は外れる】の続きを読む

    このページのトップヘ