J2のFC岐阜が新監督に元日本代表のラモス瑠偉氏(56)の起用を検討していることが11日、分かった。FC岐阜は2年連続で22チーム中21位に低迷し、今季途中に就任した辛島啓珠監督の退任が決定。財務状態も改善せず、今期末の債務超過は1億4000万円に上る見通しだ。クラブは今月下旬の地元財界との意見交換会で、財界から3億4000万円の追加支援が認められれば、集客力を期待できるラモス氏に監督就任を正式に要請する方針だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131211-00000060-mai-socc