1

 国際親善大会アルガルベ杯は12日、ポルトガルのファロで決勝が行われ、B組1位のなでしこジャパンはA組1位のドイツと対戦。0―3で敗れ、大会初優勝を逃した。
 ドイツは過去12度対戦し、11年W杯準々決勝で延長の末に何とか1勝(通算1勝1分け10敗)しただけの難敵。W杯の再現を狙ったが世界ランク2位の壁は高かった。

 前半はお互いに決定的なチャンスを作りながらゴールラインを割ることはできず無得点。後半開始早々、ドイツが日本のクリアミスを拾い、パスを受けたケスラーがそのまま切り込んでペナルティエリアのやや右寄りから右足でシュート。ゴール左上に突き刺さり日本は先制を許した。

 先制を許したショックが覚めない5分、今度は右サイドからのグラウンダーのクロスにミッタークがヒールで合わせてゴール。立て続けに2失点を喫した。16分にはマロジャンがペナルティエリア手前からゴール左隅に突き刺さる強烈なミドルを決めて3点目。その後もなでしこジャパンは防戦一方で相手ゴールに迫ることはできなかった。

引用元⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140312-00000134-spnannex-socc 
【アルガルベ杯 なでしこ準優勝 ドイツに力負け(ドイツとは通算1勝1分け10敗)】の続きを読む