Attentionニュースまとめブログ

    タグ:コートジボワール

    複数の方から感想を聞いてみたいとのご連絡を頂きましたので書かせていただきます。

    あくまで私個人の感想ですので、批判などで不愉快な気分になられる方もいらっしゃるかと思いますが、予めご了承下さい。 


    【日本 VS コートジボワール W杯グループC 予選 感想】の続きを読む

    1

     国際親善試合が5日に各地で行われた。ブラジルW杯で日本代表と同じグループCに入ったコロンビア代表、ギリシャ代表、コートジボワール代表は、それぞれ課題を残す結果に終わった。
     グループリーグ初戦で日本代表と対戦するコートジボワール代表は敵地でベルギー代表と対戦。2点を先行される苦しい展開となったが、後半から出場のエース、FWディディエ・ドログバ(ガラタサライ)が追撃弾。後半アディショナルタイムにセットプレーから追いつき、2-2で引き分けた。

     ギリシャ代表はホームで韓国代表と対戦。持ち味の堅守をみせることはできずに0-2の零封負けを喫した。前半18分にDFラインの裏を取られて失点。さらに後半10分にはPAへの侵入を許すとMFソン・フンミン(レバークーゼン)に左足シュートを決められた。

     コロンビア代表はバルセロナでチュニジア代表と戦い、1-1で引き分けた。エースFWラダメル・ファルカオ(モナコ)を左膝靭帯損傷で欠くチームは、DFクリスティアン・サパタ(ミラン)、MFフレディ・グアリン(インテル)らがベンチスタート。控え組主体で試合に臨んだ。

     前半20分にMFビクトル・イバルボ(カリアリ)がGKに倒されて獲得したPKをMFハメス・ロドリゲス(モナコ)が決めて、コロンビアが先制に成功。しかし同35分に失点すると、その後はエース欠場の影響からか決定機を欠き、2度目の勝ち越しはならず。後半37分にはDFルイス・ペレア(クルス・アスル)がこの日2枚目の警告を受けて退場。10人で戦い、引き分けた。

     ブラジルW杯でグループCに入っている日本代表は、6月14日に行われる初戦でコートジボワールと対戦。同19日の第2節でギリシャと戦い、同24日の第3節でコロンビアと対戦する。

    引用元⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140306-00133333-gekisaka-socc 
    【W杯で日本とGL対戦の3か国、いずれも課題残す結果】の続きを読む

    このページのトップヘ