Attentionニュースまとめブログ

    タグ:ブラジルW杯

    1

     ドイツの「スポーツビルト(電子版)」誌は7日、6月のブラジルW杯ドイツ代表メンバー23人の読者投票を実施した。2万4000票が満票で、最多得票はDFラーム(バイエルン)で2万3929票。負傷離脱中のMFケディラ(Rマドリード)もMFで8番目の票数を獲得した。MF以外のポジション別ではGKがノイアー(バイエルン)、MFロイス(ドルトムント)、FWクローゼ(ラツィオ)がトップの票数を集めた。23人は次の通り。
     ▽GK ノイアー(バイエルン)、バイデンフェラー(ドルトムント)、テルシュテーゲン(ボルシアMG)
     
     ▽DF ラーム(バイエルン)、フンメルス(ドルトムント)、メルテザッカー(アーセナル)、ボアテング(バイエルン)、シュメルツァー(ドルトムント)、ヘベデス(シャルケ04)、グロスクロイツ(ドルトムント)、ギュンター(フライブルク)
     
     ▽MF ロイス(ドルトムント)、ゲッツェ(バイエルン)、ミュラー(バイエルン)、シュバインシュタイガー(バイエルン)、クロース(バイエルン)、エジル(アーセナル)、シュールレ(チェルシー)、ケディラ(Rマドリード)、ポドルスキ(アーセナル)、ギュンドガン(ドルトムント)
     
     ▽FW クローゼ(ラツィオ)、ゴメス(フィオレンティナ)

    引用元⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140308-00000131-sph-socc 
    【ドイツの「スポーツビルト(電子版)ブラジルW杯ドイツ代表メンバー23人の読者投票を実施】の続きを読む

    1

     国際親善試合が5日に各地で行われた。ブラジルW杯で日本代表と同じグループCに入ったコロンビア代表、ギリシャ代表、コートジボワール代表は、それぞれ課題を残す結果に終わった。
     グループリーグ初戦で日本代表と対戦するコートジボワール代表は敵地でベルギー代表と対戦。2点を先行される苦しい展開となったが、後半から出場のエース、FWディディエ・ドログバ(ガラタサライ)が追撃弾。後半アディショナルタイムにセットプレーから追いつき、2-2で引き分けた。

     ギリシャ代表はホームで韓国代表と対戦。持ち味の堅守をみせることはできずに0-2の零封負けを喫した。前半18分にDFラインの裏を取られて失点。さらに後半10分にはPAへの侵入を許すとMFソン・フンミン(レバークーゼン)に左足シュートを決められた。

     コロンビア代表はバルセロナでチュニジア代表と戦い、1-1で引き分けた。エースFWラダメル・ファルカオ(モナコ)を左膝靭帯損傷で欠くチームは、DFクリスティアン・サパタ(ミラン)、MFフレディ・グアリン(インテル)らがベンチスタート。控え組主体で試合に臨んだ。

     前半20分にMFビクトル・イバルボ(カリアリ)がGKに倒されて獲得したPKをMFハメス・ロドリゲス(モナコ)が決めて、コロンビアが先制に成功。しかし同35分に失点すると、その後はエース欠場の影響からか決定機を欠き、2度目の勝ち越しはならず。後半37分にはDFルイス・ペレア(クルス・アスル)がこの日2枚目の警告を受けて退場。10人で戦い、引き分けた。

     ブラジルW杯でグループCに入っている日本代表は、6月14日に行われる初戦でコートジボワールと対戦。同19日の第2節でギリシャと戦い、同24日の第3節でコロンビアと対戦する。

    引用元⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140306-00133333-gekisaka-socc 
    【W杯で日本とGL対戦の3か国、いずれも課題残す結果】の続きを読む

     いよいよ今年、ブラジルの地でアルベルト・ザッケローニ監督とともに5回目のW杯に臨む日本代表。その新しいアウェイユニフォームが一足早く海外で登場した。

    1
    1


     初めてネオンカラー(蛍光色)をベースにした日本代表の2014-15アウェイモデル。
    エンブレムを中心に伸びる11本のラインや、背面上部の「結束の一本線」など、 『円陣』をコンセプトにデザインされたホームと同じテンプレートを使用。パンツやソックスもシャツと同じ蛍光イエローのようだ。

    引用元⇒http://www.qoly.jp/index.php/goods/21427-20140217-japan-2014-15-adidas-away  

    【ブラジルW杯に向けた黄色の蛍光色 アウェイユニフォームが登場!】の続きを読む

    このページのトップヘ