Attentionニュースまとめブログ

    タグ:ブンデス

    1

     ブンデスリーガ第24節が8日に行われ、日本代表MF清武弘嗣、同MF長谷部誠の所属するニュルンベルクとブレーメンが対戦。前後半に1点ずつを挙げたブレーメンが2-0で勝利した。
     ブンデスリーガ公式Youtubeチャンネルでは、同試合の2つのシーンを紹介し、フェアプレーとして賛辞を送っている。

     1つは0-0で迎えた17分のニュルンベルクの攻撃の場面。清武が左サイドからドリブルで斜めにペナルティエリア内に侵入し、対応したセバスティアン・プリョードルが縦にかわしにかかった清武にタックルをすると、ボールはゴールラインを割った。主審はコーナーキックを指示。しかし、プリョードルが抗議すると、清武もすぐさまゴールキックとの主張に同意。判定が変更され、直後に両選手は握手をしている。

     また、ブレーメンの2点リードで迎えた75分。今度はブレーメンの攻撃シーンで、左サイドからグラウンダーのクロスを走りこんで受けたアーロン・ハントが、トラップでハビエル・ピノラをかわす。するとハントは、ピノラの出した足に引っかかったとして、転倒。主審はペナルティスポットを指し、PKの判定を下す。しかし、実際には足はかかっておらず、ハントは判定が出た直後に主審の下へ歩み寄り、PKではなかったと自己申告。PKは取り消しとなった。

     公式チャンネルでは、「これが真のスポーツマンシップだ!アーロン・ハントはPKが与えられるべきではないと認め、清武弘嗣もフェアプレーを信じていることが証明された。2つの偉大なロールモデルは、フェアプレーが大切なことを示した。残留争いよりもだ。我々からの大きな“サムズ・アップ”(親指を立てる仕草)をアーロンと弘嗣に」と、賛辞を送っている。

    引用元⇒http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20140310/173996.html 
    【ブンデスリーガ、清武とハントのフェアプレーに賛辞「真のスポーツマンシップ」】の続きを読む

    1

     1860ミュンヘンのFW大迫勇也が今季限りで移籍する可能性が出てきた。
     今年1月に鹿島から加入後、すでに4試合で2得点を挙げている大迫。契約は2017年までとなっているが、ドイツ紙『ビルト』によると、1860ミュンヘンが今季1部に昇格できなかった場合、今年8月末までなら移籍金約100万ユーロ(約1億4000万円)で他チームへ移籍できるとする条項が契約に含まれているという。

     1860ミュンヘンは現在、ブンデスリーガ2部で10位。1部との入れ替え戦圏内となる3位と残り11試合で勝ち点8差という厳しい状況にある。同紙は、1860ミュンヘンが今夏に大迫を放出することになったとしても、鹿島から50万ユーロ(約7000万円)で獲得しており、金銭的には利益を得ることになるとしている。

     また、同紙によると、仮に1部昇格を果たしても例外事項があるとのことで、大迫の移籍先候補としてドルトムントの名前も挙げている。

    引用元⇒http://web.gekisaka.jp/news/detail/?134146-134146-fl 
    【1860ミュンヘンの大迫勇也、来季は1部移籍か!?移籍候補としてドルトムントの名前も】の続きを読む

    このページのトップヘ