1

 レアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、脳外科手術が必要な生後10カ月の子供に寄付をする誓約をした。イギリス紙『メトロ』が11日に報じた。
 同紙は、クリスティアーノ・ロナウドが、生後10カ月で皮質形成異常を抱えるエリック・オルティス・クルスくんへの寄付を行うと報道。同紙によれば、レアル・マドリードファンの家族の下に生まれたエリックくんは、毎日30以上の発作を引き起こす脳異常を患っている。クリスティアーノ・ロナウドは、莫大な額を要するクルスくんの医療費を負担すると報じられている。なお、エリックくんの手術費は6万ポンド(約1000万円)で、術後も、各検査に6000ポンド(約100万円)が必要となることが伝えられた。

引用元⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140312-00174548-soccerk-socc 
【C・ロナウド 莫大な額を要するクルスくんの医療費を負担!】の続きを読む