Attentionニュースまとめブログ

    タグ:ミラン本田

    1

    <セリエA:ACミラン2-4パルマ>◇16日◇ミラノ
     ACミランの日本代表MF本田圭佑(27)はパルマ戦で出場機会なしに終わった。チームも完敗し公式戦4連敗となった。

     2日ユベントス戦以来、リーグ2試合ぶりのベンチスタート。後半21分に3人目の交代選手がピッチに入った瞬間、本田のパルマ戦は早々と終わった。熱望するトップ下にはこれまでボランチ起用の続いたMFモントリーボが入り、定位置となっていた2列目の右には24歳のポリが入った。

     不振のミランに対しサポーターの我慢も限界に達している。会場のサンシーロでは抗議の意味もありホーム開催にもかかわらず、メンバー紹介時からブーイングが響いた。矢面に立つエースFWバロテリ、ロビーニョに加え背番号10、本田の紹介時にも大きなブーイング。異様な状況で開始を迎えた。

     ミランは前半5分にGKアッビアティが退場となった。実質的な交代枠が通常より1つ少なくなったこともあるがDFラミが途中出場し、最後の交代枠もFWパッツィーニ。本田の名が呼ばれることはなかった。

     ミラン移籍後、規定により出場できない欧州CLを除き、発熱が理由でベンチ外となったことは1度だけあった。ベンチ入りしながら出場なしとなったのはリーグ10試合目にして初。「自分の家みたいなもの」とこだわりを持つトップ下から右サイドに追いやられ、その位置でも起用されず、ついにピッチ外=ベンチへと追いやられた。本田の居場所はなくなりつつある。

    引用元⇒http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/p-sc-tp3-20140317-1271332.html  

    関連記事
    5分で守護神退場のミラン、好調パルマに敗れ公式戦4連敗 本田は出場せず
    【ACミラン本田圭祐 ついにピッチ外=ベンチへと追いやられる。。。】の続きを読む

    1

    チャンピオンズリーグ(CL)で決勝トーナメント1回戦敗退に終わり、セリエAでも苦しい戦いが続いているミランに対して、ファンも大幅な改革を望んでいるのかもしれない。イタリア『スカイ・スポーツ』では、チームに残すべき選手についてファンにアンケートを行った。
    アトレティコ・マドリーと対戦したCL決勝トーナメント1回戦は2試合合計1-5の完敗。国内リーグでも中位を抜け出せない不振が続くミランに関しては、来シーズンのチーム改革を望む声が高まりつつある。

    『スカイ・スポーツ』は、各ポジションごとに「残すべき選手」を一人選択する形でのアンケートを実施。現時点でファンから好意的に評価されている選手、厳しい目で見られている選手が明らかになった。

    「残すべき」選手として、GKでは若いガブリエウが最多の52%の票を獲得。クリスティアン・アッビアーティが34%で続き、マルコ・アメリア、フェルディナンド・コッポラは低評価となった。

    DFではマッティア・デ・シリオが63%と、全ポジション中最多の支持を獲得。1月に新加入のアディル・ラミが15%、イニャツィオ・アバーテが13%で続き、その他の選手たちはそれぞれ3%以下の低い得票にとどまった。

    MFではアンドレア・ポーリが32%で最多。キャプテンのリッカルド・モントリーヴォが僅差の31%で続いた。若手のブライアン・クリスタンテが16%、ナイジェル・デ・ヨングが12%とそれぞれ1割を越えたが、その他の選手は厳しい評価を受けている。

    攻撃的MFを含めたアタッカー部門では、現在負傷離脱中のFWステファン・エル・シャーラウィが39%と高い期待を維持。新加入のアデル・ターラブが20%、カカーが19%で続き、少し離れてマリオ・バロテッリ(9%)、ジャンパオロ・パッツィーニ(8%)となっている。

    MF本田圭佑とFWロビーニョはそれぞれ1%で、18歳のFWアンドレア・ペターニャ(2%)も下回り、アタッカー陣の中で最も低い評価となっている。


    引用元⇒http://www.footballchannel.jp/2014/03/14/post30690/ 
    【ACミラン、ファンが残留を望む選手は?イタリア紙のアンケート・・・本田には厳しい評価】の続きを読む

    1

     日本代表MF本田圭佑の所属するミランは、16日に行われるセリエA第28節でホームにパルマを迎える。試合を控え、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、両チームの予想メンバーを掲載。本田は、2試合連続での先発出場が濃厚となった。
     同紙は、ミランのフォーメーションを4-2-3-1と予想。「3」の右サイドに本田、トップ下にブラジル代表MFカカ、左サイドはモロッコ代表MFアデル・ターラブトが入ると見込んだ。また、1トップにはイタリア代表FWマリオ・バロテッリが出場すると見られている。

     ミランは、9勝8分け10敗の勝ち点35で10位。パルマは、11勝10分け5敗の勝ち点43で6位となっている。

    引用元⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140314-00174869-soccerk-socc 
    【ACミラン本田圭祐が右サイドMFで2試合連続の先発か…伊紙が予想】の続きを読む

    このページのトップヘ