Attentionニュースまとめブログ

    タグ:モイーズ

    1

     英マンチェスター・イブニング紙(電子版)は27日、「マンU・モイズ監督が犯した10個の過ち」という記事を掲載。そのうちの1つ、「ビッグネーム選手を苦悩させた、使わなかった」の中で日本代表MF香川真司(24)について触れた。
     記事によると「香川の力を最大限に引き出すことができず、今夏に放出することは避けられなくなった」という。また多くの選手が期待を下回るプレーを見せており、ルーニーの調子が上がったことだけが、モイズ監督下での最良の出来事だったという。

    引用元⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140228-00000014-nksports-socc 
    【モイーズ監督のCL敗戦の過ちは日本代表:香川真司を使わなかったこと!英紙】の続きを読む

    1

     日本代表MF香川が所属するマンチェスター・ユナイテッドのモイーズ監督に解任の可能性が高まっていると、27日付の英紙デーリー・ミラーが伝えた。
     今季就任したモイーズ監督は、これまでクラブから全面的なバックアップを受けていたが、25日に敵地で行われた欧州CL決勝トーナメント1回戦第1戦で、これまで4戦全勝だったオリンピアコスに0―2で敗れたことで、クラブ幹部の考えが変わってきたという。サポーターの信頼も失っているということで、3月の国内リーグ・リバプール戦(16日)、欧州CLオリンピアコス戦(19日)、国内リーグ・マンチェスターC戦(22日)と続くホーム3連戦の結果次第では、解任される可能性もあるという。

     現在リーグ4位のリバプールとの直接対決に敗れると、来季の欧州CL出場圏の4位以上はほぼ絶望。オリンピアコスに敗れれば欧州CLで敗退となる。

     また同日付の英紙サンは、オランダ代表FWファンペルシーが、チームの現状を批判したと報道。「今の僕らはろくでもない。プレミアリーグはとんでもない順位(6位)だし、カップ戦(FA杯、リーグ杯)も敗退。欧州CLも難しくなった。僕らは落胆しきっている。厳しいシーズンだ」という談話を紹介。ファンペルシーは26日のオリンピアコス戦後にチームメートを批判する発言をしており、波紋は広がりそうだ。

    引用元⇒http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/02/27/kiji/K20140227007679640.html  

    関連記事

    海外記事⇒http://www.mirror.co.uk/sport/football/news/manchester-united-not-sacking-david-3185991
    ファン・ペルシーの発言記事⇒http://towa-sou.com/archives/37337137.html
    【モイーズ監督解任の可能性高まる 英紙報道、CL黒星で幹部考えに変化】の続きを読む

    1

    不振が騒がれるマンチェスター・ユナイテッドだが、デイビッド・モイーズ監督の解任は考えていないようだ。一部イギリスメディアが伝えている。
    国内のカップ戦ですでに敗退しているユナイテッドは、プレミアリーグで首位チェルシーに勝ち点15差、チャンピオンズリーグ(CL)出場ラインとなる4位リヴァプールに同11差の6位と苦しんでいる。

    さらに、25日のCL決勝トーナメント1回戦ファーストレグでも、オリンピアコスに敵地で0-2と敗れた。アウェーゴールを奪うこともできず、3週間後のホームでのセカンドレグを前に、敗退の危機に瀕している。

    この状況に、モイーズ監督が解任される可能性を指摘する声も上がったが、複数のイギリスメディアによると、オーナーのグレイザー家やエド・ウッドワードCEOは、指揮官を信頼しているようだ。

    『デイリー・スター』は、内部の人間が「クラブは完全に彼を支えている。彼が去るなどと言うのはまったく下らないことだ。完全にナンセンスだよ」「今は移行の時期で、チームを再建するのに必要な時間が監督には与えられるだろう」と話していると伝えた。

    とはいえ、経営陣もこれほどの不振に陥るとは考えていなかったという見方もある。夏に大金を投じてのチーム大改革を予定しているとも言われるユナイテッドだが、モイーズ監督は残り3カ月で周囲を納得させる戦いぶりを見せられるだろうか。

    引用元⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140227-00000006-goal-socc 
    【マンU モイーズ監督解任は考えず!一部イギリスメディアが伝える!】の続きを読む

    このページのトップヘ