Attentionニュースまとめブログ

    タグ:佐々木監督

    1

     国際親善大会アルガルベ杯は12日、ポルトガルのファロで決勝が行われ、B組1位のなでしこジャパンはA組1位のドイツと対戦。0―3で敗れ、大会初優勝を逃した。
     ドイツは過去12度対戦し、11年W杯準々決勝で延長の末に何とか1勝(通算1勝1分け10敗)しただけの難敵。W杯の再現を狙ったが世界ランク2位の壁は高かった。

     前半はお互いに決定的なチャンスを作りながらゴールラインを割ることはできず無得点。後半開始早々、ドイツが日本のクリアミスを拾い、パスを受けたケスラーがそのまま切り込んでペナルティエリアのやや右寄りから右足でシュート。ゴール左上に突き刺さり日本は先制を許した。

     先制を許したショックが覚めない5分、今度は右サイドからのグラウンダーのクロスにミッタークがヒールで合わせてゴール。立て続けに2失点を喫した。16分にはマロジャンがペナルティエリア手前からゴール左隅に突き刺さる強烈なミドルを決めて3点目。その後もなでしこジャパンは防戦一方で相手ゴールに迫ることはできなかった。

    引用元⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140312-00000134-spnannex-socc 
    【アルガルベ杯 なでしこ準優勝 ドイツに力負け(ドイツとは通算1勝1分け10敗)】の続きを読む

    1

    【ビラモウラ(ポルトガル)時事】
     サッカー女子日本代表、なでしこジャパンに諦めない心は健在だった。2011年東日本大震災直後のワールドカップ(W杯)ドイツ大会で優勝し、被災地の人々に勇気を与えた記憶から3年近く。10日にポルトガルで行われたアルガルベ・カップのスウェーデン戦で逆転勝利をもぎ取り、ドイツと争う12日の決勝に駒を進めた。

     今大会は5日の米国戦で追い付いて引き分け。ロンドン五輪決勝以来となった世界ランキング1位への挑戦は、内容に不満が残った。同点FKを決めた主将の宮間(岡山湯郷)が「4年前の状態に戻った感じ」とこぼした。ドイツW杯のレギュラーで固めたチームには停滞感があった。それでも大会中、全員で問題点の改善に取り組み、決勝進出にこぎつけた。
     若手の台頭が待望される中、7日のデンマーク戦では「自分がやらなければ」と意気込んだ岩渕(ホッフェンハイム)が4年ぶりの代表ゴールで決勝点とした。20歳は「あの試合から新しい気持ちでできている」と言い、スウェーデン戦もはつらつと動いて逆転へのきっかけをつくった。ドイツとの決勝は、優勝を逃した12年大会の雪辱戦。佐々木監督は「ワンランク上の相手に現状でどれくらいできるか。ドイツは若手を入れて完成していない部分もあり、2年前よりも可能性はあると思う」と意気込んでいる。

    引用元⇒http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2014031100600 

    <第3節>※日本時間 
    A組 2014/03/11 02:30 ノルウェー(8位) 1 - 3 ドイツ(2位) 
    A組 2014/03/11 02:30 中国(18位) 0 - 1 アイスランド(19位) 
    (1位ドイツ9 2位アイスランド6 3位中国3 4位ノルウェー0) 

    B組 2014/03/10 23:40 日本(3位) 2 - 1 スウェーデン(6位) 
    B組 2014/03/10 23:40 アメリカ(1位) 3 - 5 デンマーク(13位) 
    (1位日本7 2位スウェーデン6 3位デンマーク3 4位アメリカ1) 

    C組 2014/03/11 02:30 ポルトガル(41位) 0 - 2 北朝鮮(10位) 
    C組 2014/03/11 02:30 オーストリア(29位) 3 - 2 ロシア(21位) 
    (1位北朝鮮9 2位ロシア3 3位オーストリア3 4位ポルトガル3)※C組はA、B組より格の落ちる組 

    <順位決定戦>※日本時間 
    決勝 2014/03/12 23:10 ドイツ - 日本 
    3決 2014/03/12 23:30 アイスランド - スウェーデン 
    5決 2014/03/12 20:00 中国 - デンマーク 
    7決 2014/03/12 20:00 北朝鮮 - アメリカ 
    9決 2014/03/12 23:30 ロシア - ノルウェー  

    引用元⇒http://www.jfa.or.jp/national_team/2014/nadeshiko/2014algarvecup/ 
    【なでしこジャパン 12日ドイツと決勝-アルガルベ女子サッカー】の続きを読む

    このページのトップヘ