Attentionニュースまとめブログ

    タグ:本田

    1

    <セリエA:ACミラン2-4パルマ>◇16日◇ミラノ
     ACミランの日本代表MF本田圭佑(27)はパルマ戦で出場機会なしに終わった。チームも完敗し公式戦4連敗となった。

     2日ユベントス戦以来、リーグ2試合ぶりのベンチスタート。後半21分に3人目の交代選手がピッチに入った瞬間、本田のパルマ戦は早々と終わった。熱望するトップ下にはこれまでボランチ起用の続いたMFモントリーボが入り、定位置となっていた2列目の右には24歳のポリが入った。

     不振のミランに対しサポーターの我慢も限界に達している。会場のサンシーロでは抗議の意味もありホーム開催にもかかわらず、メンバー紹介時からブーイングが響いた。矢面に立つエースFWバロテリ、ロビーニョに加え背番号10、本田の紹介時にも大きなブーイング。異様な状況で開始を迎えた。

     ミランは前半5分にGKアッビアティが退場となった。実質的な交代枠が通常より1つ少なくなったこともあるがDFラミが途中出場し、最後の交代枠もFWパッツィーニ。本田の名が呼ばれることはなかった。

     ミラン移籍後、規定により出場できない欧州CLを除き、発熱が理由でベンチ外となったことは1度だけあった。ベンチ入りしながら出場なしとなったのはリーグ10試合目にして初。「自分の家みたいなもの」とこだわりを持つトップ下から右サイドに追いやられ、その位置でも起用されず、ついにピッチ外=ベンチへと追いやられた。本田の居場所はなくなりつつある。

    引用元⇒http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/p-sc-tp3-20140317-1271332.html  

    関連記事
    5分で守護神退場のミラン、好調パルマに敗れ公式戦4連敗 本田は出場せず
    【ACミラン本田圭祐 ついにピッチ外=ベンチへと追いやられる。。。】の続きを読む

    1

    ミランのウルトラスである「クルバ・スッド」が、低迷するチームに対しての不満を爆発させた。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が彼らの声明文を掲載している。
    「夏に我々は何をやるべきか“ヒント”を提案したはずだ。攻撃的ポジションのFWアレッサンドロ・マトリを獲得するのではなく、中盤から守備陣の補強にお金を使うべきだと。ガッリアーニCEOは『抗議はごく少数意見だ』と一蹴したが、現状が答えを示している。1月にマトリは放出され、中盤と守備の補強ではさらに不必要な動きがあったのだから」

    「不況による資金不足があることは認める。ただその中でもお金がうまく使われていないのは明らかだ。例えば、キャプテンを務め、チームに影響力のあったMFマッシモ・アンブロジーニ(現フィオレンティーナに)をなぜ放出したのか。もっと言えば(2011年に)当時3年契約を望んでいたMFアンドレア・ピルロ(現ユベントス)との契約を放棄。2年後にはMF本田圭佑とのような厄介な契約もかわした」

     また現在在籍する選手たちへの不満もぶちまける。

    「今のチームにはプロフェッショナルじゃない選手が在籍している。SNS上にふざけた写真を掲載したり、クラブで遊ぶことばかりを考えている。彼らはチームにいることで誇りを感じているのかもしれないが、ピッチ上では何の価値も生み出していない。非難されて当然の行為が充満している。悪童や偽物のチャンピオン…正直、うんざりだ。モントリーボ、ボネーラ、アッビアーティ、カカ、アバーテ、デ・シリオ、ポーリ、パッツィーニたちのことだ。セードルフ監督が正当な措置を取ることを期待している」

     ミランは現在、リーグ戦では首位ユベントスと27ポイント差の10位に低迷。最後の望みとなっていた欧州CLでも、決勝トーナメント1回戦でA・マドリーに2戦合計1-5と大差を付けられ敗退。している。名門クラブの凋落。かつてないほどの泥沼状態に、サポーターの我慢も限界に達しているようだ。


    引用元⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140315-00133528-gekisaka-socc 
    【ミランサポーターが激怒…悪童や偽チャンピオンにうんざり】の続きを読む

    1

     日本代表MF本田圭佑の所属するイタリア1部(セリエA)ACミランで、1月に就任したセードルフ監督の立場が危うくなっており、欧州のカップ戦出場圏内順位6位(もしくは5位)を確保できなかった場合は、解任が濃厚だと14日のイタリア紙コリエレ・デロ・スポルトが報じた。ミランは欧州チャンピオンズ・リーグ敗退、そしてリーグでも10位と低迷している。
     ミランのオーナー、ベルルスコーニ氏が13日にセードルフ監督に電話して話し合ったという。就任から4勝6敗1分という成績は同オーナーを納得させるには程遠いとしている。

     また、後任の筆頭候補として現在、ミランのユースチーム監督で元イタリア代表FWのインザーギ氏が有力視されているという。インザーギ氏は2月のユース国際大会ピアレッジョ杯でミランを2001年以来13年ぶりに優勝に導き、手腕が評価された。

    引用元⇒http://www.daily.co.jp/soccer/2014/03/14/0006779386.shtml 
    【本田圭祐の所属するACミランの新監督候補にインザーギ!?】の続きを読む

    このページのトップヘ